活動方針

会長あいさつ

厚木商工会議所青年部 第18代会長

高田 義介

高田 義介75

平成31年度は『平成』と言う時代が終わり新しい時代が来ます。
その新しい時代は今よりもいい時代になると信じていますが、我々中小企業を取り巻く環境はまだまだ厳しいと言わざるを得ません。慢性的な人手不足、消費税の増税・・・など上げればキリがありません。
そんな厳しい時代の転換期に求められることはなんだろうと考えた時に私なりに出した答えが2つあります。

1つ目は会員相互が一致団結し協力しあう事。

4月現在青年部の会員は約80名。20代~40代の多種多様な業種のメンバーがおりますが、80名ほどしかいないメンバーなのに誰が何をやっているのか分からないという方もおり青年部内で付き合う仲間も偏ってしまっている現状があります。それではせっかく入会したのに仲間もなかなか増えることもありませんしビジネスチャンスも逃してしまっているのではないかと思い、その年齢も職種も違う人たちが協力しあい仲間となる事で自社の発展の力になったり、問題の解決に繋がったり、新しいビジネスが生まれたりといろいろな化学反応が生まれるのではないかと思っております。そしてメンバーが同じ目的を持って活動することでどんな困難でも乗り越えていける絆が生まれてくるのではないかと思います。

そこで今年度の厚木商工会議所青年部のスローガンを『一致団結』としました。


2つ目は商工会議所をもっと上手く活用する事。

商工会議所は中小企業に寄与するために作られた組織です。いろいろな助成金や経営支援、うまく活用すれば自社企業にとってとてもメリットのあるものです。しかしながら青年部会員でさえよく分からないというのが大半でした。そこで今年度は今まで以上に自己研鑽できる場を増やし、会員のスキルアップに繋げて行きます。そして地域にもっと情報発信をできるようにして地域貢献をしながら商工会議所ならびに青年部を沢山の方に知ってもらい会員拡大につなげ商工会議所をうまく活用してもらえるような体制を作ります。この時代の転換期に厚木商工会議所青年部も大きく転換していきます。
今後の厚木商工会議所青年部の活躍にご期待下さい。

2019年度 スローガン

「一致団結」